×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

サーフィン・初心者のパドリング「疲れないためには?」

サーフィン 初心者 パドリング

海でのパドルをする腕は、陸を歩く足の役割をしています。

普段使わない腕の筋肉を使うので、腕の筋力と持久力が必要です。

沖に出るだけでもヘトヘトで、テイクオフする力無い、腕も上がらない。

これではサーフィンできません。

沖に出るパドルは、(カレントを使うのも方法です)

「腕に力を入れずに、少しだけの力でパドルする」です。

波の無い日(フラット)に、パドルしてみると良くわかるので、実際にやってほしいのです。

力を入れずに、非常にゆっくりで、やさしいパドルでもボードは、思ったより進みます。

常に、全力パドルで沖に出ているのでは、疲れて当たり前です。

波のある日でも、実は、ゆっくりパドルで沖に出れます。

一人で壁にぶち当たっていて、それでも前に進もうと解決策を探している真のサーファーへ。

サーフィン 初心者 パドリング 「サーフィン上達プログラム」の詳細はこちら!

サーフィン・初心者のパドリング「上半身を上げられない方へ」

サーフィン 初心者 パドリング

パドルの姿勢で、上半身を上げると、パドルがしやすいのですが、

最初はこの姿勢を保つのがやっとです。

解決法として、(最初のうちだけですが)一番楽な姿勢、腹這いのままで、パドルしてみてください。

上半身は上げなくても最初は、良いです。

そのうちに、自然と、不思議と、上半身を上げた方が、楽になってきます。

いつの日にか、上半身を上げた方がパドルがしやすくなっています。

サーフィン・初心者のパドリング「正しいパドルを知りたい方へ」

  
サーフィン 初心者 パドリング サーフィン 初心者 パドリング サーフィン 初心者 パドリング

サーフィン上達プログラム

サーフィン 初心者 パドリング

サーフィン上達革命

サーフィン 初心者 パドリング

CATCH A WAVE

サーフィン 初心者 パドリング
【ASPアジアチャンピオン・現役プロサーファー小川直久 監修】DVD2枚組
商品詳細はコチラ

サーフィン上達プログラム

初心者の方を対象に、サーフィンの基本を短期間でマスターしてもらうことを目標にしています。
商品詳細はコチラ

サーフィン上達革命

サーフィンが最短で上達する方法。あなたもこれを読めばセミプロの仲間入り!明日からセミプロと呼ばれたくないですか?
商品詳細はコチラ

CATCH A WAVE

サーフィン・初心者のパドリング「足は閉じるのか?」

足は・・・

最初は開いたままで良いです。無理に開く必要はないのですが、一番楽にパドル出来る足の開きで良いです。そのうち、だんだん、足は閉じていきます。

テイクオフ時のパドルは・・・

テイクオフ時のパドルを全力でフルパワーでやる!のは良いのですが、そのに「丁寧に」を付け加えて、「丁寧に全力でパドルする」にしてください。この、「丁寧に」をやりだすと、テイクオフが楽になってきます。

サーフィンの上達には、  年齢、体力、まして運動神経は関係ありません。 サーフィン 初心者 パドリング でも練習したら上手くなります。 パーリングもワイプアウトも全てが経験になります。 これは本当のことなのです。 なぜならば、サーフィンの経験が増えれば増えるほど、 それに伴い状況対応のバリエーションが増えていくからです。 経験豊富なベテランサーファーほど、熟練した大人の波乗りができるのです。 一方、 “女性や体重の大きいサーファーは不利なのか?” たしかに、男性に比べ瞬発力の弱い女性は、 や素早いテイクオフに戸惑うかも知れません。 でも、海に行けば、わかるのですが サーフィンを楽しんでいる女性や体重の大きいサーファーはたくさんいます。 サーフィンは年齢、性別や運動神経に関係なく、  本当に誰でも楽しめるスポーツです。

Copyright © サーフィン・初心者のパドリング。力に頼らないパドルのコツとは? All rights reserved